最近のコメント

    Archive for 5月, 2011

    山形集会参加人数は事前申し込み締め切りの27日現在、864名となりました。
    分科会参加申し込み内訳は、以下の通りです。
    乳児:108、 集団づくり:110、 あそび:96、 運動:55、 食:35、 文学:46、 美術:48、 音楽:56、 科学:19、 保育計画:22、 保育時間と保育内容:16、 保育政策と保育運動:34、 障害児保育:40、 父母と共につくる保育内容:34、 乳幼児期の平和教育:26、 地域に開かれた保育活動:25です。

    申し込みがまだの方は、当日受付にお越しください。被災地訪問ツアーも、まだ余裕がありますので、お申し込みください。

    バスの定員増員が可能になりました。6月6日(月)の朝九時に仙台駅西口貸し切りバス乗り場集合、同日3時同じ場所で解散です。申し込みを考えてくださっている方は、info@zenhomon.jpまで、お名前と所属保問研をお知らせください。

    名鉄観光のホームページが、申し込み締め切りの延長に対応できていませんので、お手数ですがファックスにて申し込んでいただくようお願いします。ホテルや弁当など必要ない場合は、当日受付でも結構です。

    また、おおよその分科会参加者人数を近日中にホームページにてお知らせしますので、提案の持ち込み資料作成の参考にしてください。現在集計中ですので、今しばらくお待ちください。

    全国集会終了後の6月6日(月)に宮城の被災地訪問を希望される方を募ります。5日(日)に集会が終了したのち、路線バス(一時間に四本程度出ています)で仙台に移動していただき、月曜朝9時に仙台駅西口貸し切りバス乗り場に集合し、シャトルバスにて石巻市のなかよし保育園を訪問しようと計画しています。午後3時に、仙台駅に戻る予定です。参加可能な方は、所属保問研とお名前を事務局までお知らせください。info@zenhomon.jp なかよし保育園では、子どもの半袖服が地域の子どもへの支援分も含めて多数欲しいとのことです。当日持ち寄ってください。申し込み締め切りは、5月27日とさせていただきますが、定員になりましたら、ホームページでお知らせします。

    全国集会で、被災地の状況を知らせるパネル展示(クリックしてください)について、鈴木代表からお知らせがありますのでご覧ください。全国集会開催地からは、山形からのお知らせNO5ふんばっていこうというおたより(ここをクリックしてください)が届きました。ご覧ください。2日目(6/4)に行われる予定だった特別講座Jに代えて、新たに「仙台の保育を語る: 実践記録を通して「ねばっこく」学ぶ~仙台保問研の草創期の頃~」 大和田尚子(仙台保問研)を設けました。

    集会参加申し込みは名鉄観光 (←クリックしてください)から申し込みをお願いします。携帯電話からもアクセスできます。申し込みの締め切りを、5月27日まで延長することにしました。ふるってご参加ください。

    保問研では、被災地で必要な支援を教えていただき、それに応えていきたいと考えています。詳細は「必要な支援を教えてください」(クリックしてください)をご覧ください。実際に最前線にたたれている方々は、たぶん、ホームページを見る余裕もない日々かと思いますので、その周りにいらっしゃる方から、この呼びかけのことを伝えていただけるとありがたいです。こうした準備をしている中、南三陸町の保育園より支援のお願いが寄せられました。詳細は「南三陸町に支援を」(クリックしてください)をご覧の上、できる範囲の物資支援をお願いします。被災地の範囲は広く、支援が必要な園は数多くあります。そうした園を支えるための口座を開設しました。仙台保問研と相談しつつ、必要なところに届けたいと思います。郵便振替口座「全国保育問題研究協議会東日本大震災義捐金」、口座番号00150-9-688465です。よろしくお願いいたします。

    山形集会への申し込みは、4月1日の記事から、お願いします。