第63回全国保問研集会 北海道集会

テーマ「Again 穣かな北の大地に集い 語り合おう 未来を紡ごう」
   日程:6月28日(金)前夜祭
      6月29日(土)〜6月30日(日)
   場所:北海道大学(他)にて

詳細はこちら
お知らせ

北海道集会実行委員会ニュース「なんもなんも」No.1届きました!

2024年6月28日(金)から行われる全国保育問題研究集会 北海道集会実行委員会から、ニュース「なんもなんも」No.1 が届きました。ぜひご覧ください。 現在、集会案内が2月末から各地に届く予定です。申し込みは4月1日からです。
お知らせ

京都保問研講座のお知らせ

2024年2月12日(月・祝)に、京都保問研講座をもちます。講師は、音楽分科会の運営委員の安藤正彦氏(西七条保育園保育士・京都華頂大学非常勤講師)と静岡集会で記念講演をしていただいた安斎育郎氏(立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長)です。能登半島地震では志賀原発が地震の被害を受けていました。こうした時期に、しっかり原発について学ぶ機会をと思っています。ハイブリッドでの開催ですので、遠方のみなさんのご参加をお待ちしています。申し込み方法はチラシ裏面をご覧ください。
第63回北海道集会

第63回全国保問研集会 北海道集会 概要

日程 6月28日(金) 前夜祭 17:00受付 18:00〜特別講座 (北海道大学構内) 6月29日(土) 午前 開会集会ーオープニング・基調提案・記念講演(藤女子大学)・ 午後 分科会(北海道大学構内) 6月30日(日) 午前 分科会 12:00〜閉会集会(北海道大学構内) 集会テーマ 「Again 穣かな北の大地に集い、語り合おう、未来を紡ごう」 サブテーマ ・今を生きる全ての人と共に、新たな一歩を踏み出そう ・平和と命を守るために私たちができることを考え合おう ・保育の公的責任の拡充(充実)を求め、安心して保育・子育てできる環境をつくろう
お知らせ

能登半島地震 支援金募集のお願い

1月1日に北陸地方を中心に大きな地震があり多大な被害を受けましたました。 特に能登地域は被害が甚大です。 全国保育問研・常任委員会では、被災のあった保育園への救援物資や保育用品の購入、回収費用等にために、支援金を募ります。 詳細は令和6年能登半島地震支援金募集にいて (←クリック)をご覧ください。 ぜひ地域保問研にも呼びかけてください。温かい支援をよろしくお願いします。 【振込先】全国保育問題研究協議会 東日本大震災義捐金 【口座番号】 ゆうちょ銀行 0 0 1 5 0 - 9 - 6 8 8 4 6 5
季刊保育問題研究

季刊保育問題研究 324号 特集1「子どものことば」から保育を探る / 特集2 第39回全国保問研・夏季セミナー(科学)報告

季刊保育問題研究 324号 特集1「子どものことば」から保育を探る /特集2 第39回全国保問研・夏季セミナー(科学)報告 目次 巻頭言 絵本の可能性 遠田えり 特集1「子どものことば」から保育を探る 子どものことばを受け止める 言葉のスキル教育の批判的検討 田中浩司 絵本を楽しむ子どもたちの「ことば」との出会い 田代康子 子どもたちが紡ぐことばに耳を傾け、寄り添い、励ましていきたい 佐藤秀寿 本当はみんなとつながりたい! 言葉の奥底に隠れた子どもたちの本当の願い 鮫島梨紗 子どもの〝ことば〟をどう受け止めるか 神田朋実 「言葉」に振り回され、「ことば」に繋がれたかぶら組「人とつながることば」を考える 伊藤シゲ子 特集2第39回夏季セミナー(科学)報告 「日常の中の科学と子ども~不思議や謎と向き合い心躍らせる体験を」 Ⅰ 開催趣旨 富田昌平 Ⅱ 基調報告 全国保問研・科学分科会のあゆみ 富田昌平 Ⅲ 各地保育問題研究会での部会のなりたち 科学部会のつくり方愛知保問研 髙橋白百合・京都保問研 深井いし子・大阪保問研 増本敏子 Ⅳ 記念対談 河﨑道夫×湯谷道雄 Ⅴ 分散会報告第一分散会 清...
お知らせ

東京保問研セミナーのお知らせ

東京保問研より、セミナー開催のお知らせが届いています。 今年度は、講師としてちひろ美術館・東京の原島恵さんをお招きし、 私たちは平和をどう捉え子どもたちにどう伝えられているのか ~いわさきちひろの絵と人生から平和を考える~ と題して企画しています。 セミナー案内はコチラからダウンロード! 全体講座の後は、3つの分科会で保育を語り合います。 日時:2024年2月11日 11時~北区・としまみつばち保育園にて対面開催!! 申込みサイト: 参加費:会員1500円 非会員1500円 学生500円 ふるってご参加ください。
季刊保育問題研究

季刊保育問題研究 323号 特集 第62回全国保育問題研究集会 仙台集会(オンライン&ハイブリッド)・報告

目次 巻頭言 猛暑の夏に 丹野広子 特集 第62回全国保育問題研集会 仙台集会(オンライン&ハイブリッド)・報告 集会宣言  集会宣言起草委員 実行委員長あいさつ 命の守り手として生きる決意 第62回仙台集会にようこそ! 佐藤哲也 主催者あいさつ 「命の守り手として生きる」誇り、そして喜びや尊さを確認していきましょう 入江慶太 分科会報告 乳児保育  松田千都・浅川淳司・野村朋・中川伸子 集団づくり  脇信明・大元千種・長瀬美子・吉田真理子・林若子 あそび  田中浩司・富田靖子・仲村健一 身体づくり─運動  上月智晴 身体づくり─食  安部貴洋 認識と表現─文学  山﨑由紀子 認識と表現─美術  平沼博将 認識と表現─音楽  坂手佳子 認識と表現─科学  富田昌平 保育計画  永谷孝代 保育時間と保育内容  横井洋子 保育政策と保育運動  武尾正信 障害児保育  杉井知子・河合隆平 父母と共につくる保育内容  細見玲美 乳幼児期の平和教育  ウィンフィールドひろみ 地域に開かれた保育活動  黒澤祐介 【特別分科会】異年齢保育  宮里六郎 集会まとめ   仙台集会実行委員会 次回開催地よ...
お知らせ

北海道保育問題研究集会の開催について

北海道保問研より、10月8日開催の「北海道保育問題研究集会」のお知らせが来ております。 概要はこちらからダウンロード 記念講演「心が育まれる3つの間」講師:平野直己氏(北海道大学) 講座1 「平野氏を囲んで」講師:平野直己氏 講座2 「保問研の歴史」講師:多田泰子氏 講座3 「子どもの育ちや生活の中からジェンダーを考える」講師:日沼慎吉氏 講座4 「子どもたちに平和な未来を!」~函館から平和・原発を考える~ 講師:本間勝美氏 開催日時: 2023年10月8日(日曜日) 13時~16時45分 申し込み締め切り: 添付のお知らせでは、申し込み締め切りは9月24日までとなっていますが、10月1日まで延長されました。
季刊保育問題研究

季刊保育問題研究 322号 特集 「コロナ禍が保育にもたらしたもの 子どもの育ちの視点に立って」

巻頭言 保育士にぜひティータイムを 横井洋子 特集 コロナ禍が保育にもたらしたもの 子どもの育ちの視点に立って コロナ禍の三年間社会で何がおこり保育にどう影響したか 普光院亜紀 コロナ禍における家族依存型の保育政策の限界 「コロナのせい」で終わらせないために 松浦崇 みんなで生活の物語を紡ぐこと 感染症とアーレントの物語論を視座に 及川智博 子どもの発達・成長の視点で考える マスク着用による子どもの表情認知や自己肯定感への影響 堀由里 コロナ禍で必要に感じたこと 遠藤美紀 子どもたちにとってコロナ禍で必要に感じたこと 毛谷村裕子 あらためて支援するとは何かを気づかされたコロナ禍の三年間 山田栄子 子どもたちにとってコロナ禍で必要に感じたこと 共田鍾貴 ただただひたすらに考え、対応し続けたCOVID-19 対応 平沼文代 コロナ禍が保育にもたらしたもの 保育園に併設している子育て支援センターから 山崎政子 『季刊 保育問題研究』発刊60周年記念企画 豊かさが生む保育所経営のゆがみ(『季刊保育問題研究』三九号 一九七二年五月発行 時評より) 柴田敏夫 柴田敏夫さんを悼む (一九八四年一月発...
お知らせ

福岡県久留米市 大橋保育園への支援金募集

7月の豪雨により、福岡県久留米市の大橋保育園が甚大な被害を受けました。福岡保問研のメンバーが現地支援に入っております。 全国保問研・常任委員会では、大橋保育園への支援金を募ります。詳細は大橋保育園への支援金呼び掛け(←をクリック)ご覧ください。 地域保問研にも呼びかけてください。温かい支援を宜しくお願いします。
お知らせ

第39回夏季セミナー「科学」案内

8月26・27日、オンライン開催にて、第39回全国保問研夏季セミナーを開催します。 セミナーの詳細、申し込み方法(申し込みフォームのQRコードも記載されています)は、第39回夏季セミナー「科学」案内(←をクリック)をご覧ください。 申し込みを受け付けましたらhkakisemi@yahoo.co.jpから受付番号、振込先などを返信いたします。3日以内に返信がない場合はフォームが届いていない可能性がございます。大変お手数をおかけしますが、再度フォームからお申込みいただきますようお願いいたします。
季刊保育問題研究

季刊保育問題研究 321号 特集 「人として大切にされる保育・する保育 子どもの権利条約が問うているもの」

目次 巻頭言 つばめ 山並道枝 特集 「人として大切にされる保育・する保育 子どもの権利条約が問うているもの」 「子どもの権利」を日常の言葉に 保育の営みを考える  長瀬正子 「安心感」と「遊び心」は子どもの「一〇〇のことば」を育む 乳幼児の子どもの権利を保障する、ということ 吉葉研司 子どもの権利条約を活かした画期的判決 名古屋教会幼稚園「おひさま」裁判判決 川口創 スウェーデンにおける「民主主義的保育」の実践が日本に問いかけること 日・瑞の研究者による「子どもの人権」をめぐる研究交流を通して 松山有美 人権学習をやって グループ討議から見えたもの 荒川弘子 生まれながらにみんなが持ってるもの…な~んだ? 山下慶子 保育園は、生まれてきてよかったね、と、とことん伝える場所なのだから 山並さやか 『季刊 保育問題研究』発刊60周年記念企画 保育問題研究運動の歩み 全国保育問題研究協議会の誕生を中心に 宍戸健夫 連載 ようこそ保育なかまに 保育の「なぜ」に目を向けて 柳川一真 子ども美術館 新発明!?『気持ち切り替え装置』 近 紀子 各地の保育問題研究会部会めぐり 仲間といっしょにおんぼ...
第62回仙台集会

仙台集会速報 号外

閉会集会配信が始まりました!ライブ感が伝わる映像になっています。 号外はこちらから
第61回京都集会

仙台集会 速報1号〜6号掲載します

対面とオンラインのハイブリッドで行われた全国保育問題研究集会・仙台集会が終了しました。 (引き続き 開会集会・記念講演・特別講座の配信は7月2日まで行われております。  閉会集会の配信は19日〜に訂正します) 集会速報(対面の方は手渡し、オンラインの方はメールにて届きました)を一挙に掲載します。ご覧ください。 仙台集会速報1号 仙台集会速報2号 仙台集会速報3号 仙台集会速報4号 仙台集会速報5号 仙台集会速報6号
第62回仙台集会

仙台集会ニュース第10号が届きました

いよいよ集会間近です。 仙台集会実行委員会から、集会前のニュース「杜の都から」10号(←クリック)が届きました。 参加申し込みも1500人を超えました。 初めてのハイブリット開催です。現地で、オンラインで皆様とお目にかかれるのを楽しみにしております。
第62回仙台集会

仙台集会ニュース第9号が届きました/実行委員会よりお知らせ

仙台集会実行委員会より仙台集会ニュース「杜の都から」9号(←をクリック)が届きました。ぜひご覧ください。 仙台集会開催まであと1か月です。申し込みはもうお済みでしょうか。 第一次締め切りは4月30日(日)までです(それ以降は参加費が6500円になってしまいます)。お早めに申し込みください。 *実行委員会よりお知らせ 閉会集会の開会時間が14:00からに変更となりました。
季刊保育問題研究

季刊保育問題研究 320号 第62回 全国保育問題研究集会・仙台集会 提案号

目次 分科会一覧 乳児保育 集団づくり あそび 身体づくり─運動 身体づくり─食 認識と表現─文学 認識と表現─美術 認識と表現─音楽 認識と表現─科学 保育計画 保育時間と保育内容 保育政策と保育運動 障害児保育 父母と共につくる保育内容 乳幼児期の平和教育 地域に開かれた保育活動 (特別分科会)異年齢保育
第62回仙台集会

集会Tシャツの申込み

仙台集会Tシャツができました。大変好評のため早めのご注文をお願いします! 申込み詳細はこちら
第62回仙台集会

集会ニュース「杜の都から」No.8が届きました。

広報誌8号が出来上がりました。(ここをクリック) 申し込みもお早めに! 4/16(日)仙台市宮城教育大学にて、開会集会の収録をします。是非この機会に仙台 へお越しください!
第62回仙台集会

仙台集会案内・分散会提案要旨・名鉄観光参加登録専用サイト

4月1日より、以下のURLより仙台集会の申込みが開始されます。 今回は、仙台会場を開設するハイブリッド開催(ZOOM+対面)の分科会とオンライン開催(ZOOMのみ)の分科会があります。 すべての分科会にオンライン参加(ZOOM)が可能です。 仙台会場で参加可能な分科会(分散会)は以下の8つのみです(定員有)。 ①乳児保育A分散会(→分散会の分け方と各提案の要旨はこちら) ② 集団づくりA分散会(→分散会の分け方と各提案の要旨はこちら) ③あそびA分散会(→分散会の分け方と各提案の要旨はこちら) ④障害児保育A分散会(→分散会の分け方と各提案の要旨はこちら) ⑤身体づくり(運動) ⑥身体づくり(食) ⑦父母と共につくる保育内容 ⑧異年齢保育
お知らせ

仙台集会案内が完成しました!

皆様お待たせしました。 第62回全国保問研集会・仙台集会実行委員会より、仙台集会・集会案内(←をクリック)が届きました。 是非ご覧ください。申し込みは、4月1日からです。
お知らせ

仙台集会実行委員会から「公開収録」のお知らせです

6月3日(土)・4日(日)に行われる第62回全国保問研集会・仙台集会実行委員会より、 仙台集会・公開収録の案内が届きました。 準備段階から、仙台に集う機会が「公開収録」として3回企画されています。 ぜひ、案内をご覧頂き、仙台へお越しください。
第62回仙台集会

集会ニュース「杜の都から」No.7が届きました。

第62回全国保問研集会・仙台集会実行委員会より ニュース「杜の都から」No.7が届きました。 詳しくは「杜の都から」7号をご覧ください。大事なお知らせもあります。 仙台集会公式Twitterはこちら
季刊保育問題研究

季刊保育問題研究319号 特集「幼保小の架け橋プログラム」を問う

目次 巻頭言 保育の温度 古林ゆり 特集 「幼保小の架け橋プログラム」を問う ・「架け橋プログラム」に民主主義を問う 和田悠 ・幼小連携の潮流を振りかえって今考えること 今、何故「架け橋期の教育」の充実が叫ばれるようになっているのだろうか 伊集院理子 ・幼児期から学童期への移行と幼児期の学びとは 小林千鶴 ・子どもたちが心地よい生活を送るために 幼稚園・小学校合同研究を進めながら 北山ひと美 ・架け橋プログラムを開発、実践、検証するモデル地域より 辻陽子 ・障がい児保育から思う「架け橋プログラム」 三山岳 ・学童保育の立場から「架け橋プログラム」を問う 鍋倉功 ・小学校への接続のための親と保育現場への提言 池添素 ・子どもたちの育ちをみんなで温かく見守りたい 親として、小学校教諭として 山﨑直緒子 ・保育現場・教育現場の真の交流を 練馬区の幼保小連携の取り組みから 高見亮平 ・保育の〝学校化〟を問い直す 「10の姿」・「架け橋プログラム」をめぐる動向から 大宮勇雄 連載 ・ようこそ保育なかまに 子どもと一緒に楽しみを見つける 飯塚咲月 ・私のターニングポイント 遠回りはしましたがいろい...
お知らせ

東京保問研講座のお知らせ

東京保問研より、セミナー開催のお知らせが届いています。 今年度は、講師としてルポライターの石井光太さんをお招きし、 子どもの思いの伝え方・表現とは?~言葉の可能性、語り合う必要性~ と題して企画しています。 セミナー案内はコチラからダウンロード! 全体講座の後は、3つの分科会で保育を語り合います。 日時:2023年4月16日 11時~Zoomにて開催!! 申込みサイト: 参加費:全体講座のみ 1500円 全体講座+分科会 2000円 ふるってご参加ください。
第62回仙台集会

集会ニュース「杜の都から」No.6が届きました!

第62回全国保問研集会・仙台集会実行委員会より、ニュース「杜の都から」No.6が届きました。 詳しくは「杜の都から」6号をご覧ください。集会準備の進捗状況が分かります! 仙台集会公式Twitterはこちら
第62回仙台集会

仙台集会実行委員会より「杜の都から」No.5が届きました

第62回全国保問研集会・仙台集会実行委員会より、ニュース「杜の都から」No.5が届きました。 詳しくは仙台集会ニュース「杜の都から」5号をご覧ください。メインテーマ・サブテーマに加えて、記念講演・特別講座の情報もあります!
季刊保育問題研究

季刊保育問題研究318号 特集1:保育の空間づくりで私が大切にしたい視点 特集2:第38回全国保問研夏季セミナー報告「多様性をわかりあい つながりあう集団づくり」

季刊保育問題研究318号  特集1:保育の空間づくりで私が大切にしたい視点 特集2:第38回全国保問研夏季セミナー報告「多様性をわかりあい つながりあう集団づくり」 【目次】 巻頭言 平和と自由と保問研 合田史宣 特集1:保育の空間づくりで私が大切にしたい視点 子どもの裁量・葛藤・考え合うことを尊重する保育の空間づくり 東内瑠璃子 保育の空間を考える土台として 利根川彰博 空間作りで大切にしたいこと工夫している点について 初瀬基樹 都市型保育園の空間づくり 松沼美樹 のびのびと思考し探求する「保育の空間づくり」について 長崎元気 好奇心が湧いてくる保育空間づくり 草場勇介 なかの幼稚園の園庭・園舎はどういう意図があったのか? 高橋詩子 特集2:第38回全国保問研夏季セミナー報告「多様性をわかりあい つながりあう集団づくり」 開催趣旨 山本理絵 基調提案 服部敬子 シンポジウム・・・子どももおとなも育ちあえる「対等・平等」の集団づくり 山本理絵 / 中洲良子・長瀬美子 / 荒武美保・脇信明 第一分科会報告 鈴木牧夫・光本弥生 第二分科会報告 大元千種 第三分科会報告 林若子・脇信明 第四...
お知らせ

京都保問研講座のお知らせ

寒い冬となりましたが、お元気でお過ごしですか? 京都保問研で、広島保問研の会員、山田真世さんの「描画の発達から描く楽しさを考える」講座を企画しました。2023年2月5日(日)午後、華頂ホールよりハイブリッドでの開催です。ぜひ、ご参加ください。山田さんの紹介 もご覧ください。
第62回仙台集会

仙台集会実行委員会よりニュース「杜の都から」が届きました

急に寒くなってきました。 23年度に開催される第62回全国保問研集会・仙台集会実行委員会より、ニュース「杜の都から」No2〜No4が届きました。 日程 2023年6月3日(土)〜4日(日)の2日間 オンライン開催 + ハイブリッド会場:宮城教育大学で行われます。 詳しくは仙台集会ニュース「杜の都から」2〜4号をご覧ください。 実行委員会が立ち上がり、開催に向けて準備を着々と進めている様子をお伝えしております。