保問研は、戦前から保育のことを考え続けてきた研究会です。もちろん、いまの日本における保育の問題についても、全国各地の保問研で真剣な研究が活発に行われています。
 全国各地の保問研が集まって日本全体の保育の発展を話し合うために、全国保育問題研究協議会を結成しています。全国の保育者のみなさん。保問研の会員として、いっしょに保育のことを研究してみませんか。

新学期が始まり、忙しい毎日ですね。

兵庫集会もあと2か月に迫りました。兵庫集会に向けて準備が進んでいます。

実行委員会ニュースめっちゃええやんNO5(←をクリック)が届きました。

特別講座のお知らせや「うまいもん好きさん」で美味しいものも紹介されています!

 

下記のトピックスでお知らせした特別講座の案内を修正しました。第57回兵庫集会案内(訂正版)もご覧ください。

 

申し込みが始まっています。第一次締め切りは420日です。

「第57回集会案内(訂正版)」を参照の上、下段の国際ツーリスト・ビューローよりお申込みください。

6月の兵庫集会に向けて、集会実行委員会では着々と準備が進められています。

その様子をお伝えするめっちゃええやんNo.4(←ここをクリック)が届きました。

319名(最終)の参加で大成功だった2月11日のプレ集会の様子や、6月兵庫集会の特別講座の紹介、そして「平和好きさんこの指と〜まれ!」も必見です。

申し込みが始まっています。定員のある特別講座もありますので、ぜひお早めに。

お申し込み国際ツーリスト・ビューローまで

……………………………………………………………

「集会案内の特別講座の訂正」です

2月1日発行の「第57回全国保育問題研究集会兵庫集会案内」 では、特別講座Dの講座内容が、 実行委員会の編集の不手際により記載できていませんでした。

参加予定の皆様ならびに関係の皆様には大変なご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

特別講座Dは、東海大学の山下雅彦氏( 全国保問研熊本集会実行委員長))に「子どもの権利条約とこれからの保育~ 改正児童福祉法のもとで~」というタイトルで、話していただきます。

本講座では、昨年、国連に提出された政府報告書や市民・NGO報告書にもふれながら、国のめざす「子ども像」にとらわれない、実践的・探求的「子ども観」の意義についてご一緒に考えてみたいと思います。たくさんの方に参加していただきたいと思っています。

詳しくは特別講座 修正版(←をクリック)をご覧ください。

 

2月11日(日)に行われました全国保育問題研究集会・兵庫集会プレ企画「Hyogo Hoiku Fes!」に、315名の方が集まり大盛況でした。

その熱い様子はプレ集会ニュース(←をクリック)をご覧ください。

兵庫集会実行委員会は、プレ企画を終えて、6月1日〜3日 全国保育問題研究集会・兵庫集会開催に向けて、更なる準備を進めているところです。

申し込み始まっています。国際ツーリスト・ビューロー(←をクリック)からアクセスをお願いします。

仙台保問研より「福島駅から沿岸地域の原発被災地域の様子をみながら(チラシより)」の福島現地研修ツアーのお知らせが届きました。

2月18日(日)福島駅発 9:00~15:20です。 詳しくは福島現地研修ツアーチラシ(←ここをクリック)をご覧ください。

兵庫集会実行委員会ニュースめっちゃええやんNo3が届きました。

集会まであと5ヶ月、着々と準備が進められています。

実行委員会は集会プレ企画Hyogo Hoiku Fes!!を2月11日に開催します。ぜひ参加を!

第57回全国保育問題研究集会・兵庫集会参加申し込みは国際ツーリスト・ビューロー(←ここをクリック)からアクセスをお願いします。

2018年6月1日(金)〜3日(日)に開催される

第57回全国保育問題研究集会・兵庫集会の集会案内ができあがりました。

全国各地保問研には2月初旬に届く予定です。

第57回兵庫集会案内(←ここをクリック)こちらからダウンロードができます。

第57回全国保育問題研究集会・兵庫集会申し込み

誠に申し訳ありません。本日午前10:00より開始する予定でしたが、ホームページ担当の不手際で遅れてしまいました。申し込みを予定していた皆様に心からお詫び申し上げます。

参加申し込みは、国際ツーリスト・ビューロー(←ここをクリック)からアクセスをお願いします。スマートフォンからもアクセスができます。

第1次締切 4月20日(金) 最終締切は5月11日(金)です。

あちこちに雪の便りも聞かれるようになりました。

 

2018年6月1〜3日第57回全国保問研集会・兵庫集会実行委員会よりニュースめっちゃええやんNo2(←ここをクリック)が届きました。歓迎行事として準備されている劇「いきる」の取り組みや、実行委員会の学習・準備の様子、そして神戸のうまいもの紹介(今回はJR神戸線編)紹介など盛りだくさんのニュースになっております。

ぜひご覧ください。

……………………………

全国保問研のTwitter(ツィッター)始めました。

ホームページの更新や各地保問研のセミナー、全国夏季セミナー、全国集会などのチラシ、案内のアップや緊急お知らせがある場合に更新のお知らせが届きます。

@zenhomonもしくは、全国保問研で検索してフォローをよろしくお願いします!

………………………

各地の保問研が主催する冬の講座・セミナーの案内です。

◎東京保問研セミナー「今こそ、現場から保育を考える」2018年2月18日(日)帝京短期大学にて

午前 今こそ「現場」から保育を考える〜「保育」はどこに向かっていくのか? 講演 猪熊弘子さん

午後 「遊び」「乳児」「気になる子」3分科会にわかれます。

詳しくは東京保問研セミナー案内をご覧ください。

 

◎第38回 京都保問研講座 2018年2月4日(日) 京都華頂大学6号館 4階 華頂ホールにて

講座Ⅰ(13時より)  絵を描くこころの起源  齋藤 亜矢氏

講座Ⅱ(15時半より) 「平和の状態を保つ努力は、全国の皆さんで担ってほしい」 ウィンフィールド・ひろみ氏

詳しくは京都保問研講座チラシをご覧ください。

 

◎学びあおう、いのちあるみんなが、しあわせになるために〜第57回全国保育問題研究集会 兵庫集会 プレ企画〜

2018年2月11日(日) 兵庫大学・兵庫大学短期大学部にて

詳しくはHyogo Hoiku Fes!!(←をクリック)をご覧ください

午前 分科会 5つの分科会があります(詳しくはチラシをご覧ください)

午後 全体講演①「学童期を見通して、私たちが大切にしがい子どもの発達と権利」—『新要領』・『新指針』を踏まえて

服部敬子さん(京都府立大学 教授)

全体講演②「しあわせな保育園づくり しあわせな社会づくり」〜もう保育をブラックと呼ばせない!〜

黒澤祐介さん(大阪青山大学 准教授)

 

◎東北民教研冬の学習会 仙台保問研1月例会のお知らせ 2018年1月7日(日)10:00より 仙台アエル28階 エル・ソーラにて

「スウェーデンの保育に学ぶ〜保育施設見学を通して〜」 鈴木牧夫氏

詳しくは仙台保問研1月例会のお知らせ(←をクリック)ご覧ください。

問い合わせ先 乳銀杏保育園 丹野 022−256-4267

 

◎愛知保問研主催 『絵本の魅力を知ろう』2018年2月25日(日)13:30〜 労働会館東館2階ホールにて

講師 三輪丈太郎(メルヘンハウス) 富田克巳(日本福祉大学 社会福祉学部社会福祉学科 助教)

詳しくは愛知保問研主催 絵本講座チラシ (←をクリック)ご覧ください。

 

 

秋も深まり、各地で冬の便りも聞かれるようになりました。

2018年6月1日(金)〜3日(日)第57回全国保育問題研究集会・兵庫集会が開催されます。

会場は、1日神戸芸術劇場、2日3日兵庫大学・短期大学部です。

メインテーマ「学び合おう、いのちある みんなが、しあわせになるために」

サブテーマ ①友達の中で育ち合い、子ども一人ひとりが大切にされる保育実践について学びを深めよう

②みんながしあわせに働き続けられる職場づくりのために、保育に関わる大人同士が語り合い、つながり合おう

③貧困や格差のない、持続可能な社会づくりに向かって、世代を超えて手をつなごう

④保問研80年の歴史に学び、未来につなげよう

1月に実行委員会を発足させ、毎月回を重ね、メインテーマ・サブテーマ、そして学習も行っています。

そんなステキな内容が盛り込まれた兵庫実行委員会ニュースめっちゃええやんNo1(←ここをクリック)ご覧ください。

夏季セミナーの申し込みを引き続き受け付けます。メール(info@zenhomon.jp)をお送りください。参加費については、当日、参加費を受け付けるブースを設けますのでそちらでお願いします。 暑い夏のセミナーですが、広島で本当に戦争の姿を知っている方から直接話を伺えるまたとない機会です。ぜひ、今からでも参加を検討してください。みんなで語り合いましょう。

 

8月26日〜27日に広島にて開催される第34回夏季セミナー「今こそ子どもたちに平和なあしたを」の申し込み締め切りまであと2週間です。

詳しくは第34回夏季セミナー「今こそ子どもたちに平和なあしたを」(←ここをクリック)ご覧ください。

一日目は、広島在住のジャーナリスト難波健治さんの記念講演、広島、静岡、沖縄からの実践提案。一日目の終了予定時間は18時半です。

二日目は、碑めぐりと魅力的な二つの講座(「世界の中の平和教育」「子どもの貧困と平和」)のコースがあります。

どのコースもまだ申し込めます。

子どもと保育と社会の今を見つめ、この時代を生きるおとなとして平和のためにできることは何かを学び、語り合いましょう。

※返信に少し時間がかかることがあります。1週間お待ちください。