保問研は、戦前から保育のことを考え続けてきた研究会です。もちろん、いまの日本における保育の問題についても、全国各地の保問研で真剣な研究が活発に行われています。
 全国各地の保問研が集まって日本全体の保育の発展を話し合うために、全国保育問題研究協議会を結成しています。全国の保育者のみなさん。保問研の会員として、いっしょに保育のことを研究してみませんか。

6月7日〜9日全国保育問題研究集会・熊本集会2日目に開催される特別講座Eについてのお知らせです。

特別講座E『「こうのとりのゆりかご」11年を終えて』は、蓮田太二先生の体調によっては、講師が交替される場合があります(講座テーマは変わりません)。どうぞご了承下さい。

 

歓迎行事の取り組みなど、熊本集会に向けて準備も進んでいます。実行委員会ニュースみてはいよ!10号が届きました。ぜひご覧ください。

 

事前申し込みの最終締め切りは、5月24日(金)です。それ以降は当日扱いとなり、参加費が500円アップしますので、申し込みがすんでおられない方は、急いでお申し込みください。

第56回全国保育問題研究集会・熊本集会(6月7日〜9日)の第一次申し込み締切が迫っています(5月1日水まで)。
全国の皆様をお迎えしようと、熊本集会の準備も着々と進んでいます。
実行委員会ニュースみてはいよ!9号が届きました。ぜひご覧ください。

最終締切は5月24日(金)です。

熊本集会申し込みは、1つ前のトピックスからお願いします。

4月、新年度が始まりますね。みなさんお忙しいと思います。

第56回全国保育問題研究集会・熊本集会ももうすぐ(6月7日〜9日)です。

熊本実行委員会からみてはいよ!8号(←をクリック)が届きました。今集会は、提案数が100本と過去最高になりました。

全国各地の保問研から検討された提案が100本も届きます。

これまでの実践研究をもとにして、さらに保育を深める集会にしていきましょう。

ぜひ、多くの方の参加をお待ちしています。

 

参加申込は名鉄観光熊本支店(←ここをクリック)からアクセスをお願いします。

スマホからもアクセスできます。早めにお申し込みください。

 

第1次締め切りは5月1日(水)、最終締め切りは5月24日(金)です。

第58回全国保育問題研究集会・熊本集会にむけて実行委員会では、集会の細かな準備をはじめ、開催地ならではの特別講座の企画や、熊本からの17本におよぶ提案の検討会など、実りある集会にするため日々取り組んでいます。

届いた実行委員会ニュースみてはいよ!6号みてはいよ!7号(←をクリック)では、その取り組みの様子が詳しく掲載されています。ぜひご覧ください。

 

第58回全国保問研集会・熊本集会の申し込みが2月1日から始まっています。熊本集会案内は↓下のトピックスからダウンロードできます。

参加申し込みは名鉄観光熊本支店(←ここをクリック)からアクセスをお願いします。スマートフォンからもアクセスできます。

人数制限のある特別講座M,N,Oを希望される方は、第2希望もお知らせください。

第1次締切 5月1日(水) 最終締切は5月24日(金)です。

 

2019年6月7日(金)〜9日(日)に開催される

第58回全国保育問題研究集会・熊本集会の集会案内ができあがりました。

熊本集会案内(←ここをクリック)こちらからダウンロードができます。

お手元に届いている案内のファックス申し込み用紙に弁当の申し込み欄が抜けていましたので、

ファックス申し込みされる方には、こちらの用紙を使っていただくようお伝えください。

 

第58回全国保育問題研究集会・熊本集会申し込み

参加申し込みは、名鉄観光熊本支店(←ここをクリック)からアクセスをお願いします。スマートフォンからもアクセスができます。

人数制限のある特別講座M,N,Oを希望される方は、第2希望もお知らせください。

第1次締切 5月1日(水) 最終締切は5月24日(金)です。

2019年 明けましておめでとうございます。

全国各地からの学習会・セミナー等のお知らせを致します。

 

●京都保問研より2019年第39回京都保問研講座ちらし←をクリック)が届きました。

2019年2月3日(日)京都華頂大学にて、第39回京都保問研講座として〜『問題」としての2歳児 もうひとつの”接続期”を考える〜と題し、北海道大学の川田学さんの講演及び保育交流が行われます。申し込みはkyotohomonken@yahoo.co.jp  FAX 075(771)7025

●東京保問研より東京保育問題研究会セミナー『仲間とつながる保育を考える』(←をクリック)が届きました。

2019年2月10日(日)お茶の水女子大学にて、東京保育問題研究会セミナー2018として、3分科会(A:「話し合い」分科会・B:「インクルーシブ分科会」・C:「乳児」分科会)に分かれて行われます。申し込みは東京保育問題研究会セミナー申込用紙(←をクリック)をご覧ください。

●愛知保問研より、愛知合研プレ集会である第24回あいち保育と子育てのつどい〜第51回全国合研in愛知プレ集会(←をクリック)が届きました。

愛知保問研も運営として加わっている愛知合研のプレ集会が、1月20日(日)金城学院大学にて行われます。詳しくは愛知保育団体連絡協議会ウェブサイトhttp://hoiku-aihokyou.org/info.htmlをご覧ください。

*1月8日まで、FAX・郵送にて受付があります。受付申し込み表←をクリック)をご利用ください。

第58回全国保問研集会・熊本集会が、2019年6月7日〜9日に開催されます・

熊本集会実行委員会からみてはいよ!3号(10月発行)・みてはいよ!4号(11月発行)が届きました。

9月に行われた全国代表者会議の様子や実行委員の準備の様子など,写真入りで詳しく紹介されています。

また熊本城や熊本市動植物園の復興など「Reborn」コーナーで特集されています。

 

そして12月発行のみてはいよ!5号表みてはいよ!5号裏も届きました。いよいよ集会テーマが決定し、集会準備も盛りあがっています。

特別講座も次々決まっています。魅力的な講座がこの後のニュースでも続々と紹介されます。期待したいですね。

そして熊本の馬刺し情報も見逃せません。

熊本集会実行委員の皆さんの準備も進んでいます。来年初めには集会案内もお届けします。

 

来年2019年6月7日~9日に第58回全国保育問題研究集会・熊本集会が開催されます。

熊本実行委員会からニュースみてはいよ1号 ・ みてはいよ2号が届きました。ぜひご覧ください。

 

熊本集会のニュースのタイトルは、ぜひ熊本のいろいろなところをみてほしいという思いから「みてはいよ!!」に決まりました。

マスコットは「リボンちゃん」。熊本の復興・再生の願いをかけたRebornと、リボンのように集会で人の輪が広がる願いを込めた「リボンちゃん」も毎号登場します。

熊本集会実行委員会では、プレ講座を重ね学び合いながら準備を進めています。楽しみですね。

 

全国保問研では、大阪北部地震(6月)、豪雨災害・台風による災害(7-8月)、

そして北海道胆振東部地震(9月)への支援として、支援金のお願いしたところ、総額1,026,494円が寄せられました。
9月に行われた常任委員会・全国代表者会議を経て、お寄せいただいた支援金を各地に送りました。

・大阪保問研(被害の大きかった北部の地域部会と相談して検討)

・広島保問研(支援金をお送りしたひだまり保育園からのお手紙←をクリック)

・北海道(苫小牧保問研に受け取ってもらい、保問研でつながりのある被害があった近隣町村の保育施設の渡してもらうことにしています。西川さんの北海道訪問を終えて←ここをクリック)

・岡山保問研へ(倉敷市真備町にある「真備かなりや保育園」にお渡ししました。詳しくは岡山より支援金報告←をクリック)

・愛媛保問研へ(12月刊行の季刊保育問題研究294号に掲載する……訪問記をご覧ください)。

ご支援いただき、ありがとうございます。

2018年6月18日午前7時58分に大阪北部地震が起こりました。また、7月6日から西日本豪雨が起こり、大きな被害が出ています。

地震、豪雨の直後より、多数の方から各地の被害を心配する声をいただいてきました。

7月15日の常任委員会で、大阪、広島、岡山、愛媛の常任委員より状況の報告を受け、保問研として被災された地域への支援金を8月末まで募集することを決めました。

豪雨被害に遭った各地の保育園に、支援金をお渡ししたいと考えています。

 

現在、愛媛より豪雨災害の報告(←クリック)・ほづみ保育園 坂手先生より、大阪北部地震の報告(←クリック)・西日本豪雨災害の被災地報告(広島・岡山)(←クリック)が届いております。

各地の常任委員からの被害の詳細の報告は届き次第、このページに掲載します。

 

支援金の振込口座は下記です。口座名とは使途が異なることをご了解ください。

郵便振替口座 「全国保育問題研究協議会東日本大震災義捐金」

口座番号 00150-9-688465

今回の支援金の募集は8月いっぱいとさせていただき、送り先などは9月15日の常任委員会で決定します。

 

全国保育問題研究協議会常任委員会より