最近のコメント

    Archive for 4月, 2016

    各地から支援金を集める予定との連絡を受けたり、個人の方が支援金を送ってきてくださり、保問研のみなさんの熊本への思いが伝わってくる毎日です。

    二度にわたる震度7の地震で、熊本の方のこころにも建物にも大きなダメージがもたらされました。その中で、保育園を私設避難所として開放しつつ、保育を再開された熊本の保育園の姿に、児童福祉施設が地域で果たす役割が象徴されていると感じています。

    そうした慌ただしい中ですが、全国保育問題研究集会・東京集会の開催が近づいています。集会ニュースぎゅっとN07(←こちらをクリック)をご覧ください。記念講演のリレートークの打ち合わせが充実してきている様子が載っています。東京実行委員会から熊本・大分の方へのメッセージも掲載されています。

    東京集会の一次締め切りが4月28日(木)となっています。集会で熊本からの報告も行います。4月1日の記事から、申し込みをお願いします。

    仙台保問研からは,5月15日に開かれる第33回基礎講座(←こちらをクリック)のお知らせが届きました。「おおらかにかまえて安心感を育てる保育を」と題して、子ども・親への理解と受けとめについて、熊本学園大学の宮里六郎氏の講演を企画しています。全国集会でお世話になった熊本学園大学は建物被害もあり、研究室に本が散乱するなかで、宮里さんが仙台に出向いてくださるとのことです。地元の方はもちろん保育に関わる方々にぜひ聞いてもらいたいと思います。

    さて、ここでこれまでの「熊本地震」支援の報告をさせていただきます。今回は、福岡保問研の古林ゆりさん、鹿児島保問研の吾孫子幹さんに相談し、鹿児島から物資の支援を行いました。4月17日には、吾孫子さんが全国保問研、福岡保問研、子育てネットワークかごしまの三者の出資で第一弾の支援物資を運んでくださいました。その詳細を第一弾報告(ここをクリック)でご覧ください。保育開始を間近に控えた4月20日、再び吾孫子さんが全国保問研より第二弾の支援物資を運んでくださいました。その詳細を第二弾報告(ここをクリック)と写真をご覧ください。

    届いた支援物資

     

    園舎で仕分け作業

     

     

    水800ℓ

    薪割りも上手に

     

     

     

     

    みなさんから寄せられた支援金はこれらの支援物資購入に使わせていただきます。購入に要した額を超えましたら、支援金を熊本保問研に送金し、園舎や塀の修復など必要なことに使っていただきたいと思っています。支援金をいただいた保問研、個人の方のお名前は、熊本保問研にお知らせします。支援金の振込口座は下記です。

    郵便振替口座 「全国保育問題研究協議会東日本大震災義捐金」口座番号 00150-9-688465

     

     

    みなさん多くのご支援ありがとうございます。まだまだ厳しい状況が続いていますが、そのなかで,鹿児島から熊本へ物資を輸送していただいている吾孫子さんから、そして保育園を私設避難所として生活をしているさくらんぼ保育園とやまなみ子ども園からFacebookを通じてみなさんにメッセージが届きましたのでご紹介します。

    4月17日(日)(吾孫子幹さんFacebookより)

    「報告です。無事に物資をさくらんぼ保育園とやまなみこども園に届けることができました。

    熊本で見た風景はとても悲しい街並みだったけど、建川さんや山並さんたちは、辛い逆境にもへこたれずに元気そうで少し安心しました。……(続きはたちかわさんより←クリックをご覧ください)

    4月20日(水)(やまなみみ子ども園Facebookより)

    「生きぬくために、前を向くために、命あることに感謝して、この誰のせいでも無い自然の猛威を受けとめてゆこうと、自分たちにできる限りのことをしていこうと思っています。

    やまなみこども園は今も〝私設避難所〝として地域の方々と家族のように支え合って暮らしています。……」(続きはやまなみこども園より←クリックをご覧ください)

    みなさん、引き続きのご支援よろしくお願いします。

    4月20日午後に、鹿児島保問研の吾孫子さんが現地の要望を聞いて、第二弾の物資を運んでくださいました(その報告のまとめは後ほど報告します)。そうした支援に、みなさんから寄せられた支援金を使わせていただきます。支援金は下記の口座にお願いします。

    郵便振替口座 「全国保育問題研究協議会東日本大震災義捐金」口座番号 00150-9-688465

     

    全国各地から、支援の問い合わせをいただきありがとうございます。

    大きな地震が続きましたが、さくらんぼ保育園、やまなみこども園両園とも、みなさん無事で、保育園を避難所として開放して過ごしておられます。ガスは止まっていて、電気も時々停電しているようですが、園庭で火をおこしてあたたかい食事を提供されているようです。電話を通してとても明るい子どもの声が聞こえていました。東日本大震災の折と同様に、福祉施設としての保育園の役割をしみじみと感じました。

    4月17日(日)には、鹿児島の吾孫子幹さんが、4時間もかけてトラックを走らせ、現地から要請のあった、紙おむつ、おしりふき、粉ミルクなどを届けてくださいました。紙おむつが届いたことを知った方が、涙を流してよろこんでおられたと伺いました。赤ちゃんのおしりがかぶれかけていたのだそうです。支援を待っておられる方は、他にもたくさんおられることと思います。

    今後の支援については、当面は、吾孫子さんにお願いして、鹿児島経由で物資を届けて行きたいと思っています。さくらんぼ保育園、やまなみこども園から、紙おむつなど必要とされている近隣の方にも届けていただくように伝えています。

    支援金を下記の口座にお願いします。時々に最も必要なものを現地に確認しながら、確実に熊本保問研のみなさんにお届けして、みなさんに報告します。

    郵便振替口座 「全国保育問題研究協議会東日本大震災義捐金」口座番号 00150-9-688465

    今朝、やまなみこども園と連絡がとれました。道路があちこち通れなくなり、水、食料ともに不足しているとのことです。トイレットペーパーも不足していると言っておられました。生活用品すべて必要なのだと思います。やまなみこども園、さくらんぼ保育園、同じ状況だと思います。可能な支援をお願いします。

    先ほど、さくらんぼ保育園、やまなみこども園に電話をしました。

    <さくらんぼ保育園>

    地震はすごくて、部屋はめちゃくちゃになりガラスも割れたけれど、新園舎なので、建物はだいじょうぶで、今日は片付け、明日は保育を再開できるとのことでした。お忙しい中、建川さんが電話に出てきてくださったのですが、いつも通りのとても明るい元気な声で、みんなと心配しているというと、ありがとう、とのことでした。

    <やまなみこども園>

    今日が園の総会の予定で、昨日の地震のときには、職員の出し物の踊りの練習をしていたので、職員みんなそろっていたのだそうです。子どもの布団をホールに敷きつめて、地域の方も含めて、みんなで泊まったそうです。今は、どうしてもと言われた子どもの保育をしつつ片付け中。明日は保育再開とのことでした。近所の方が、ブロック塀の撤去を手伝ってほしいと言われ、啓さんと男性職員は、近所で活躍中とのことでした。こちらもだいじょうぶですとのことでした。

     

    さくらんぼ保育園もやまなみこども園も震源地が隣の町だったとのことで、たいへんな揺れを体験されたようですが、今のところ、わたしたちがお手伝いすることはないようでした。ひまわり保育園もだいじょうぶだったとのこと。松本由紀子さん、宮里六郎さんもご無事であること確認しています。

    また物資の不足などでてきたらこのホームページでお知らせします。

    みなさん、熊本の地震のニュースに、熊本保問研の方のことをご心配のことと思います。

    現在、わたしたちが把握している状況をお知らせします。

    やまなみこども園は、職員のみなさんが保育園におられるなかで地震がおきたそうです。揺れは大きかったようですが、みなさんご無事と連絡いただきました。

    宮里さんも、ガスが止まったけれど、無事とのことです。

    建川さんには、鈴木牧夫さんが電話してくださり、だいじょうぶとのことです。

    どうぞこれ以上揺れることなく、被害が出ないようにと、祈る思いでいます。また状況がわかりましたら、お知らせいたします。

    4月となり新制度施行から1年経ちました。各園はどのような状況でしょうか?

    東京集会では、全国のみなさんと話し合いながら、これからの保育を、そしてこれからの平和を考えあいたい思います。

    第55回全国保育問題研究集会東京集会の申し込み受付を開始します。

    参加申し込みは名鉄観光(←クリックしてください)から申し込みをお願いします。携帯電話からもアクセスできます。(AM10:00より受付開始します)

    くわしくは、東京集会案内(←クリックしてください)をご覧ください。

    第一次締め切りは4月28日(木)、最終申し込みは5月19日(木)になっています。お早めにお申し込みください。

    なお、4月28日(第一次締切)以降に請求書を発送します。当日は「参加証」等の提出が必要になりますので、一人ずつご持参ください。

    *特別講座 E・G・Jが定員となりました(5/4)