季刊保育問題研究249号 (2011年6月)

巻頭言  ・「がんばろう」コールの中で       鈴木牧夫

特集 身体表現を通して育つもの~民舞を保育の教材にして

人はつながって生きていく                       三浦和恵

子どもの心を躍らせる民舞の魅力とは              かいでんまさのり

身体表現を通して育つもの                       橋本妙子

荒馬を保育に取り入れて                        権田陽子

こころも身体も跳ねる・はじける                    中洲良子

チム(肝)ドンドン 心も体も動き出すエイサー      ウィンフィールドひろみ

京都保問研と「民舞」                   京都保問研・音楽部会

民舞を楽しむ                            群馬保問研

連載

・私の原風景   春を思うとき 春の匂いも感じる      石川幸枝

・異文化多文化  イギリスの幼児教育            加藤美帆

・こんな仕事しています   僕は「イクメン」          恵山博生

追悼  ・川合章さんを偲ぶ                   合田千里

・投稿でまたちょっと一言   対等と敬意           横山 順

・特別寄稿 ①震災と子ども                   清水民子

・特別寄稿 ②東日本大震災と保育              望月 彰

口絵写真 被災地の様子 (石巻・なかよし保育園提供) 本文イラスト ハナヤマカズミ